どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

男の子が幼稚園での話をしない理由を聞いてみた

4歳の息子(幼稚園年中)は、幼稚園での話を家では殆どしません。

「今日は何が1番楽しかった?」
「今日は外(園庭)で遊んだの?」
「今日は英語やったの?」

など、かなり具体的に聞いているにもかかわらず「・・・(無言)」。

私、会話の途中で間が空くことにイライラするタイプなのですが、ここはジッと5秒くらい堪えます。聞こえているのか聞いていないのか分からないので、もう1度聞くのですが、相変わらず「・・・(無言)」。

「わかんないの?」と聞くと、面倒くさそうに「わかんない」と答えます。

答えたくないのか、本当に分からないのか微妙なところではありますが、『幼稚園の先生の本音』というblogで、「子どもは楽しい事が当たり前だから家の人には嫌だったことしか話さない」みたいなことが書いてあったので、「分からない」ということ楽しく過ごせているのかな?と解釈していました。

そんな折、現役幼稚園年長男児から「男の子が幼稚園での話をしない理由」を聞き出すことに成功したのです。

先日、私の友達が遊びに来てくれたので、息子と3人で公園に行った時のこと。

砂場で少し離れて遊ぶ息子を見ながら友達と話していたら、私達の近くで男の子が砂遊びを始めました。それはもう、親子と間違えられるくらいの距離感です。そして、その男の子は私達の会話にごくごく自然に混じってきまして。

よくよく話を聞いたら、息子と同じ幼稚園で課外授業が一緒の知り合いだったのです(その男の子はそれを知っていて、私の近くで遊び始めたみたい)。

話の流れで、「家で幼稚園の話ってするの?」と聞いてみました。
そしたら「楽しいことは忘れちゃうけど、嫌なことは覚えているから話す」と言ったのです。

おおっ、まさに『幼稚園の先生の本音』blogと一緒だわ!と感動すらした私。
ってことは、やっぱり幼稚園の事をすっかり忘れてしまうようである息子も、日々楽しい幼稚園生活を送っている・・・のかもしれない。

しかし、私は「英語はやったの?」等、Yes・Noで答えられる質問の方を多くしているのに、それすらスッポリ抜けちゃうのはまた別の問題なのかもしれないorz

Sponsord Link



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ

カテゴリー

アーカイブ