どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

子作り第1期エピソードⅢ

今日は、比較的体調が良い方でした。
あぁ~、もう明日会社に行きたくなひ・・・

さて、子作り第1期エピソードⅡの続き。

子作りは体力的に疲れる!
という事で、お互い妊娠できる体かどうか調べるべく、
病院に行こう!と決意。
しかし、思い通りに事が運ばず・・・

今回は、まりも家のやる気のなさが満載です。
真剣に治療をすべく病院に行こうとしている方、
治療をしている方等が、
たまたま何の因果かこのページにたどり着いたとしても、
ま~ったく参考にもならないし、共感もできないかと思います。

こういう人もいるんだなぁ、
と単なる読み物として読んでいただける方は続きをどうぞ~。

病院と言っても、世の中には沢山あるわけで。
調べるのも面倒だな、ということで、
てっとり早く近所の産婦人科に電話をしてみた2011年2月くらい。
(今、通院している所ではない別の病院)

もう随分昔のことなので、
何と言って問い合わせをしたか忘れてしまったけれど、
言われたことは結構覚えているもので。

「今、働いていらっしゃいますか?」
「先生の指定した日に病院に来られますか?」

どうやら、この病院はタイミング療法(?)から始めるらしい。

いやいやいやいや。
タイミングをとったって、夫が原因なら意味なくない?
おまけに、

「奥様だけ来ていただければ結構です」

え~~~っ、私は別に行きたくないんだけど・・・
と言うか、なんで2人の問題なのに、
男ばかり免除されるの!?と不満が募るばかりなり。

私が望む、”最初に妊娠できるかの検査”はしていないらしく、
タイミングから始めて、段階を踏んでいくらしい。

ああ、めんどくさい。

ということで、分かりました~、と言って電話を切る。

次に、割と調べて、
検査を最初にしてくれそうな病院に電話してみる。
(何で私が調べないといけないのか結構不満が募る)

そこの病院では、
初診は決まった曜日・時間があるらしく、

「奥様だけ来ていただければ結構です」

とお決まりの言葉を頂戴する。
カウンセリングをすると同時に精子を調べりゃいいじゃん!
なんでそれができないの!!
平日の昼間に何回も何回も時間がとれるかっつーの!
むしろ夫だけ行け!と心の中で毒づき、

じゃあ、結構です~、と電話を切る。

この時点で病院に行くことがかなり面倒になって諦める。
検査をして、夫が原因だった暁には、
夫にも義母も、もう何も言ってこないだろうし、
悠々自適なDINKS生活を送る予定だったのに・・・

この頃近辺。
私より4つくらい年下の友達が、
「妊活はじめました~」的なメールをくれた。

”妊活=妊娠活動”の事らしく、
結婚活動(婚活)住宅活動(住活)と同じくらい、
私的には違和感を感じる言葉なわけですが、
その友達は私にいい商品を教えてくれた!!!

これがのちに救世主となるわけです。

この救世主を注文し、受け取ってしばらくして、
2011年3月11日。

東日本大震災&原発事故発生。

子作り第2期エピソードⅠへ続く。

Sponsord Link



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ

カテゴリー

アーカイブ