どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

産休育休後のマネー事情

事の始まりは、同僚の一言だった。

「25日の給与が払われたら、
 なんだかんだで3万しか残らない」

貯金分も控除した額らしいのだけど、
今の時点で、1か月で自由に使えるお金が3万と分かってしまうのは、
なんだか侘しいものがあり。

「私なんて、9月が最後の給与だよ・・・」

と、さらに切ない返答をする。

夫と結婚した当初、
彼の仕事の都合上、2年間東北地方暮らしをしていました。

フルタイム勤務でも給与が安すぎるし、
そもそも仕事がないし、車を運転できないと仕事場にたどり着けない、
という3重苦により、専業主婦をしていました。

なので、”夫の給与だけで生活すること”については、
想像もつくし、大した心配はないのだけれど、
やはし、今まで得ていた収入がなくなる、
という事に対して漠然とした不安があります。

まずなにより、
私の通帳残高はこれ以上増えることがない!!

むしろ減る一方!!!

これが一番オソロシイ・・・

私のお小遣い、どうやって捻出しよう・・・

社会保険に加入していたら、
出産手当金というものがもらえるけれど、
私は国民健康保険(のちに夫の扶養)なのでもらえない・・・

育児休業給付金はもらえるけれど、
まだまだまだまだ先の話・・・

みたいな会話を同僚としていまして。

彼女はFXをたしなんでいるので、
(自分も妊娠等で)収入がなくなったらFXするしかないかな~、
と言っていたので、
私も株で稼ぐしかないかな~、
なんて話していたのですが、

もちろん冗談。

FXも、株も、安定収入があってこそ、
余剰資金でやるもの、
ということは重々承知しております。
(私の場合、目減りする一方だし・・・orz)

私の給与は私の貯金なので家計に支障はないものの、
強いて言えば、私のお小遣い分が家計の圧迫になるな、
と思うと、やはし切ない。

先日、派遣会社から、
産休育休の資料が届いたので、
いよいよだな~、と実感させられます。

少しは節約などを意識しないといけないのかな、
と思う今日この頃デス。

Sponsord Link


Sponsord Link



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

ブログ村に参加中♪
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ