どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

『まなびwith』小1おためし教材に対する息子の反応

小学館の通信教育講座が『ドラゼミ』から『まなびwith』にリニューアルしました。

ってことで、どんな内容なのか気になったのでお試し教材を資料請求することに。
『まなびwith』資料請求はコチラ

「さんすう」「こくご」「えいご」「思考の達人ツール」が1冊にまとまっているワークブックと、「ナゾトキ学しゅう」の冊子が入っていました。

正直ですね・・・内容が難しい!!

まずは「さんすう」。

ただ足し算をやらせる感じではない。
パッと見、何をやっていいのか分からない息子は固まる・・・

次に「こくご」。

絵に会う言葉を書く。
かなり難易度が高い。

何を書くか「考えて」、「ひらがなを書く」。
2段階もハードルがあるわけで。
もはやひらがなはスラスラ書ける前提ですね。

そして「思考の達人ツール」。

ライオンとキリンの違うところと同じところをベン図に書かせる。
思考の達人ツールは、こういった図を使って考えさせることに慣れさせるものっぽい。

また戻って「こくご」。
もはや、細かすぎて逆に混乱するんじゃないの?
「ふ」は続けて書いても書かなくてもどうでもよくない??

こんな感じで、『まなびwith』は考えることや、見慣れない形式の問題に抵抗がないお子には向いているかもしれないけど、我が息子には難易度が高い。

新しいドリルに目を輝かせる息子なのに、『まなびwith』は見た瞬間に目を逸らしましたからね・・・いまだにページを開くこともしていません。

ただ、この「おまけ」はナイスでした。

ひらがな・カタカナ・漢字ポスター。
大きさも丁度いいし、壁にシレッと貼っておくのにベスト!
小学生になったら活用したいと思います。

『まなびwith』のさすが!ポイントがコレ。

添削テストを提出してシールを集めると、もらえる賞品。
「名探偵コナン」や「ドラえもん」のマンガなんて魅力的すぎる。

『まなびwith』オリジナルカリキュラムで学ぶ力を育みたいと考えるご家庭は、検討の余地ありかと思います。
『まなびwith』資料請求はコチラ

我が家は息子たっての希望で『チャレンジ1年生』をやることに。
『進研ゼミ小学講座』資料請求はコチラ

『チャレンジ』は教科書準拠なので、暫くはこちらで様子を見たいと思います。
それよりなにより教材を溜めずに継続できるのだろうか・・・

Sponsord Link



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ

カテゴリー

アーカイブ