どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

私立中学受験と公立中学受検の違いを学ぶ

私、今自分の資格試験が近いので本を読んでいる時間はないのですが、こんなタイミングで図書館で予約している本の順番が回ってきちゃいました・・・しかも2冊。

しかし、現実逃避の時間も必要だし、どうせ息子がいたら勉強できないので、合間に読んでみました。読んでみると、サクッと読めたので息抜きに丁度よかったのですが、内容はかなり濃かったと思います。

今回読んだ本はコレ。
公立中高一貫校に合格させる塾は何を教えているのか

公立中高一貫校の受験塾といえば「ena」なんですけど、その「ena」は授業で何を教えているのか?という本です。

「第2章enaの授業の実況中継」と「第4章公立中高一貫校生による本音座談会」が特に面白かったのですが、この2つの章で分かった事は、公立中高一貫校の受検勉強と私立中学の受験勉強は内容がかなり違うな、ということ。

私立中学向けの勉強はかなりボリュームがあり、公立中高一貫校の試験ではその勉強は殆ど必要がないことが分かりました。もちろん、私立向けの勉強をしていれば圧倒的知識がある分、公立中高一貫校の問題は解けるけれども・・・

私は息子に公立中高一貫校を受検してもらいたいんですけど、私の妄想として、私立受験向け塾に通い、圧倒的知識をつけて公立中高一貫校を受ける!そして、私立に行かせる余裕はないので落ちたら地元の公立中へ!

だったんですけどね、公立中高一貫校しか受けないなら私立受験向け塾の内容は苦しいだけかもしれないな、というのが分かりました。

公立中高一貫校の問題を解くには、あくまで問題文に与えられたものを使ってその中で答えるのであって、知識で解いてはいけないそうな。つまり、余計な知識は逆に凶器となる、というわけです。もちろん、それも分かっていて切り替えて問題を解ければいいんですけどね。

で、この本の中で紹介されていた本が面白そうでした。

私立受験塾といえばSAPIX。
2009年の本なのでちょっと古いけど、SAPIXについて知る為にはいいかもしれない。

中学受験(受検)は奥が深いなぁ・・・

Sponsord Link



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

ブログ村に参加中♪
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ