どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

我が子が男子であることの弊害

あくまで我が家・・・というか、
私の気持ちの問題なのですが、
だっちんが男子であることで困ったことがあります。

ズバリ・・・

夫の存在価値が下がる。。。

やはり、防犯面、力の面でも家に男性はいた方がいいです。
が、頼りになる男性が1人いれば十分。

だっちんはまだまだ頼りないけれど、
あと数年もすれば頼もしくなります。
(・・・なるはず・・・なってくれ。。。)
そして、おそらく世界中で1番私に忠実な男性です。

なんと言っても血の繋がった親子。
赤の他人の夫よりも頼りになる存在です。

女の子なら、女子同士で結託を組むこともできるけれど、
(↑既に、夫が敵であることが前提w)
やはり頼りになるのは夫、になりますよね。

よく、息子は”小さい恋人”と言われますが、
私はこの表現はあまり好きではありません。
というのも恋人だと立場が対等になるし・・・
あくまでも私は親だから立場は上ってことで。

後、我が子を”恋人(=恋愛対象)”っていうのも、
ちょっと気持ちが悪いな、というのもあったのですが、、、

なんか最近、”小さな恋人”っていう感覚が分かってきてしまった!!

ここのところ、だっちんの昼寝時間が後ろのズレこんでいます。
なもんで、ミルクを飲んでも寝ない時は私が寝室で寝ます。
そうすると、ひと暴れして眠くなったら、だっちんは寝室に来て寝るので。

この間も、私が寝室でウトウトしていたら、
暇を持て余しただっちんが私の回りをウロチョロしていまして。
私の横に寝っころがってジタバタしていたので、
「お手手つないで寝ようか~」と手を差し伸べて言ったら、
だっちんが手を繋いできて「お手手~」と言い、
その繋いだ手を自分のほっぺにスリスリするんですわ!!

うわ~。。。
夫なんてこんなことしたことないわ!!と。
ちょっとしたキュンキュン行為ですよ、コレ。

こんな可愛い行動をされると、
ますます夫が小汚いオッサンにしか見えない。。。
(やはり、男性も若い方がいいに決まっている)

と言うわけで、だっちんが成長するにつれ、
私の中で夫の価値が着実に下がっています。
(良い父親かもしれないけれど、良い夫とは言えない)

困った、困った。。。

Sponsord Link


Sponsord Link



関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ

カテゴリー

アーカイブ