どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

5歳児が水泳教室を嫌がる理由と解決方法

5歳の息子が水泳教室(スイミングスクール)を嫌がりました。
息子が習い事を嫌がるなんて珍しい・・・というか初めてかも。

現在、息子は自治体が運営する3か月期間限定の激安水泳教室に参加しています。継続する場合は再度申し込みの手続きをして抽選に当選しないと参加できないシステムとなっております。

次回の期間の申し込みをするか否か、息子に聞いたところ「やる~」と言っていたので申し込みの手続きをしたのですが、その後から状況が変わってきました。

子ども達のプール、行かない・・・
※息子はほぼ毎週日曜日にお父さんとプールに行っていて、こちらを「お父さんとのプール」と呼び、激安水泳教室を「子ども達のプール」と呼んでいる

と急に言いだし、ずーっと「行かない」「行きたくない」と言っていたので、1回休ませました。

ついこの間までやる気マンマンだったのに一体どうしたのか?

5歳児が水泳教室を嫌がる理由

先生が怖い

女性の先生が怖いそうです。
これ、ガラス越しで見ていた夫も同じ事を言っていました。

ちなみに私は何も感じません。
男性から見たら、その女性の先生は怖いと思うタイプなのかもしれない・・・

息子は幼稚園の優しい先生たちに囲まれているから、普通の先生が怖いと思うのかもしれないし、夫に「先生が怖いんじゃない?」と誘導されて言っているだけかもしれないので、この理由は私的にはイマイチ信憑性に欠けると思っています。

深いプールが怖い

嫌がるようになる前は、足が届く浅いプールでレッスンを受けていました。

が、嫌がるようになった直前に足が届かない深いプールでのレッスンが始まったのです。初めて深いプールの方に行くとき、息子はちょっと抵抗しているように見えて、先生が息子のそばにピタッとくっついてくれていたので、遠目にみても怖いのかなというのが分かりました。後で聞いたらやっぱり怖かったみたいです。

「深いプール」というのは幼児にとっては試練の1つの模様。
ここを乗り越えることができれば水泳教室は継続できる、と子どもを5年間水泳教室に通わせている先輩ママの友達が言っていました。

息子の友達も、ちょうどここら辺のタイミングで嫌がるようになり、一度スイミングスクールを退会することに決めた、と言っていました。

プールが寒い

激安水泳教室開催場所の温水プール、寒いんですよ。
私も1度、息子と遊びに行ったことがあるので分かります。

レッスンを見ていても、子ども達は明らかに寒がっていて、途中でトイレに行くお子もチラホラいるくらいです。

対して、息子がたまに参加しているスポーツクラブが運営している短期水泳教室はプール内がとても暖かく、冬のレッスン後はジャグジーで体を温めてからあがる、という至れりつくせり系です。

なもんで「あっちのプール(スポーツクラブの水泳教室)の方が良い!」と言っていたので、プール自体は嫌ではないみたい。

レッスンに飽きた

基礎はとっても大切ではあるけれど、幼い子どもにとって、毎回同じ内容を繰りかえすレッスンは少々飽き気味のようです。

「(スポーツクラブの水泳教室みたいに)飛び込みジャンプがしたいの!」と言っていました。

水泳教室を嫌がる5歳児、解決方法

我が家の場合はこんな感じで解決しました。

まず、「期間限定」なのでレッスンの回数は決まっています。
「後、3回行ったら終わるから、それまでは頑張ろう!」と励ましました。

「後〇回行ったら、行かなくていい」と明確に提示したことにより、「じゃあ・・・頑張ってみる」としぶしぶ言うようになりました。

月謝制の場合だったら、キリが良い所の回数を言うと思います。

もちろん「頑張る」とは言っても、別の日には「やっぱり行かない」と言うんですわ。その時は「今度行った時は深いプールに行かないかもよ!?深いプール、今度は楽しいって思えるかもよ!?」と前向きな声掛けをしてみました。

息子が今回、水泳教室を嫌がった1番の理由は「深いプールが怖い」ということだと思ったので、このポイントを攻めてみました。

というのも、お父さんとのプールは「行く」って言うんですよ。場所は同じところだから、「寒い」という原因も気持ちの問題だと思うし、レッスンに飽きたというのもお父さんとの水泳教室で自由に泳ぐことができるんだから、そんなに嫌がる原因とも思えず。そもそも違う水泳教室なら「行く」と言うんだから、プール自体は嫌いじゃない。

ということで、「深いプール」に対して前向きな声かけをした結果、「深いプール、楽しかった♪」と言ってレッスンを終えてくれたのです。その後、ショッピングセンターに行って、頑張ったご褒美に息子がやりたがったカードゲーム(ルパンレンジャーのやつ)をやりまして。

「後、残りのレッスンを頑張ったら、カードゲームやろう!」と言ったら「やる!」とまたやる気が復活。次の期間の激安水泳教室への参加も当選し、息子も「続ける」と言ったので、また3か月続けることが決定しました。

めでたし、めでたし。

「深いプール」に対する恐怖心を乗り越えたら、嫌がるプールが継続できた、というお話しでした。まぁ、またいつ嫌がるとも限らないけど、どのみち期間限定なので、それまでは頑張ってもらおうと思います。

以上、我が家の5歳児が水泳教室を嫌がった原因と、それに対する我が家の対処法でした。

Sponsord Link



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

ブログ村に参加中♪
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ