どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

『はじめてのアルゴ』が難しい!と感じる5歳児への対応

はじめてのアルゴ

今年の1月に『はじめてのアルゴ(algoの幼児版)』を買いました。

買った当時、息子は5歳2か月。
上記記事でも書いた通り、我が子には前途多難なゲームでした。

息子自身も多分自分が何をやっているのか分かってなさそう・・・
端っこのブロックを当てずっぽうで「1!」だの「10!」だの言うくらいで、親には全く勝てず、本人もやる気が持てず、本棚の隅に追いやられていました。

ところが、最近ブームのオセロで親に連戦連勝!
※もちろん接待で勝たせています

このスモールステップで自信がついてきたのか、自ら『はじめてのアルゴ』を持ってきて「これやろう!」と言ってきたのです。

で、やってみたところ、やっぱりできませんでしたorz

白と黒のコマが各1~10ずつの20コマで対戦するのですが、そもそもにして息子には20コマは難しいのかもしれない。

例えば、白と黒で同じ数字の場合は「黒の方が小さい」というルールがあり、こんな風に並べます(左から小さい数字を並べる)。

しかしね、このルールがなかなか定着しないね。
そう、同じ数字が2コマずつあるのは息子の頭がゴチャゴチャする一方だ!と気が付いた私は、思い切って簡略化してみました。ずばり!黒(10コマ)しか使わない。

この10コマのうち、4コマずつとります。
残ったのは2コマなので、ほぼほぼ相手の数字が分かります。

ちなみに初期の頃は、自分の手持ちのコマを左から小さい順に並べる、というルールにも一苦労していました。数字が繋がっていないとかなり分かり難いみたいです。

で、自分の手持ちが画像のように「3,4,6,9」の場合、相手が持っているコマは「1,2,5,7,8,10」って分かるじゃないですか。でも、これが分からないんだな。

4コマずつ取って、残った2コマは交互に引いていくので、すぐに全てのコマが明らかになるけれど、けれども、息子はまったく私の持っているコマの予想ができない。

つーことで、息子にこんなクイズを出してみた。

「隠れている数字はなーんだ!?」

これが分からないんだよねぇ。。。
1から10までは数えられるのに、こういう状態だと分からなんだよねぇ。。。

ってことで、「1から順番に数えてごらん」とアドバイスするも、もう息子の中ではやる気が削がれているのか、考える気がないのか、考えるのが嫌なのか、グズグズする一方。

最終的に、私が指を指して1から順番に数えていって、なんとか「9」という答えがでたのだけれど、これが出来ないんじゃ『はじめてのアルゴ』でゲームなんて無理でしょ?と悟りました。

これぞまさに無理ゲー。

息子は、出来るようにならないとやらないタイプなので、この『はじめてのアルゴ』はまだまだ本棚の隅で眠ることになりそうです・・・

Sponsord Link



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

ブログ村に参加中♪
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ