どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

お父さんの水泳教室終了か?限界を感じる夫の指導力

2017年の春頃。
4歳になって暫くしてから息子と夫は市民プール通いを始めました。

最初は顔を付けることも怖がった息子。
ではあるものの、顔が付けられるようになってからプールが大好きに。

それからというもの毎週のように父親と市民プール通い。
たまにスイミングスクールの短期教室に通ったり、自治体が主催する期間限定の格安水泳教室に通ったりしながら、大したお金をかけなくても息子は水泳の基礎を身につけていきました。
スイミング関連記事はこちら

そして、遂に本格的に進級制度のあるスイミングスクールに入会!

9月からクロール基礎クラスに突入し、最近の息子はこんな事を言うようになりました。
もっとスイミングスクールに行きたい!
スイミング、まだー!?

夫の泳力は”独自で泳げるようになった”だけ。
これ以上夫が自己流でヘタに教えると息子に悪影響ということで、息子には「泳ぎ方はコーチの言う事だけを聞くのだよ」と言ったらそれを忠実に聞き入れ、夫とプールに行っても夫の言う事を聞かなくなった模様。夫も夫で、特に何も言わなくなった模様・・・

うーん・・・夫くらい真意を理解してくれていると思ってた。
夫はスイミングスクールの付き添いをしてコーチの指導を見ているんだから、息子が足りないところを補うみたいな感じでお父さんの水泳教室を実施して欲しかったんだけどな。

一応これは夫に伝えたけど、どこまで理解しているかは不明。

お父さんの水泳教室をたまに見学に行くときがあるのですが、前々から息子は夫の言う通りに練習しないし、夫も高齢故にプールサイドで見守っているだけだし、仕舞には夫自身も「俺ももっと泳げるようになりたいな」と自分の指導の限界を感じた模様。

ならば、スイミングスクールを週2にするか、と考え中。
通う曜日を日曜日にすればいいんでないか?と。
そうすれば皆ウィンウィンウィンです。

息子⇒沢山スイミングスクールに通える
夫⇒一緒に市民プールで泳ぐより付き添いの方がラク
私⇒平日に行くと私が付き添わないといけないけど日曜なら夫が連れて行ってくれる

金銭的にはスイミングスクールの追加料金と、市民プール代が殆ど変わらないので埋没です。夫が「息子とのプールの時間を大切にしたい」と主張したり、息子が「お父さんと一緒にプールに行きたい!」と言えば今まで通りで良かったけど、息子も「(お父さんとのプールより)スイミングスクールの方がいい」と言ったので・・・

ただ、日曜日に入れるかどうかが問題だ。
定員いっぱいで入れなかったら・・・その時考えよう。

子どものレベルが上がると、外部に任せるか、親もスキルアップするかしないとダメだな。こうして子は親を超えてゆく・・・

Sponsord Link



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

ブログ村に参加中♪
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ