どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

5歳児と袋田の滝と竜神大吊橋へ~茨城旅行記その2

冬の袋田の滝

茨城旅行2日目は袋田の滝と竜神大吊橋に行ってみました。

宿泊した宿から1時間半くらいなもんで、息子は車の中でグッスリ朝寝。グッスリ過ぎて袋田の滝についても目覚めず、無理やり起こしたら「行かない!寒い!」とダダこねまくり。

だがしかし、ここでおじいちゃん、おばあちゃん、叔父、叔母と観光をするので無理やり抱っこをして移動。皆に抱っこされて段々と元気になってきた息子は、日本三名瀑を見て何を思ったのでしょうか。。。

ちなみに私は、あ。滝だな。と思いました。

なんか、見方によっては滝の真ん中がハートに見えるらしく、恋愛パワースポットと宣伝していたけれど・・・ハートは無理やり感でいっぱいでした。

滝を横目に歩いていくと、小さな吊り橋がありました。
これ、意外と揺れます。

この先には焼き魚やお団子た食べられるお店がちんまりあったり、展望台があったり、ハイキングコースがあったりしたけれど、私達はそのままズンズン歩き、駐車場へ向かいます。

駐車場周辺は蕎麦屋さんや、アイス屋さんや、団子、焼き魚屋さんが並んでいるので、その1つのお店でランチを食べ、夫家族との旅行は終了。

その後は夫と息子と私の3人で東京に向かいながら竜神大吊橋へ。

竜神大吊橋

子どもの日前後には1,000匹のこいのぼりが飾られるようなのですが、12月の平凡な日曜日はガラーンとしたものです。

本州一の長さの吊り橋らしく安定感があります。

ところどころに東京タワーの下が見えるガラスのようなものがあり、避けて通る人が多い中、怖いもの知らずの5歳児と私は走りながらガラスの上を通ってはキャーキャー言って楽しんでいました。

この吊り橋ではバンジージャンプもできるらしく、夫は丁度バンジージャンプを見たそうな。

竜神大吊橋

いえーい!

少し日向ぼっこをしてから駐車場へ戻り、最後に若ガエル石を触りました。

若ガエル石

石がなんとなくカエルっぽい。
どうか少しでも若返りますように・・・

日陰は激寒だったのでさっさと車に乗って帰りたかったのに、夫がなかなか吊り橋を渡り切らず息子に怒られていました。

そして東京に向かうわけですが、程なくして息子は眠りにつき東京につくまで起きませんでした。それでも夜は21時台には寝ちゃったのでそれなりに疲れちゃったんでしょうね。

翌日の月曜日は「お腹が痛い」と言って幼稚園をお休みしましたorz

実際、めちゃくちゃ大人しかったしお昼には37℃ちょいの発熱があったけど、夕方には36℃台になり、何にもしない1日だったけど20時頃には寝てしまい、今日は元気いっぱいに登園できました。

ちなみに私も旅行から帰ってきた時に腹痛になりました。。。
お蔭で食べ過ぎたにも関わらず旅行前よりも体重減少w

Sponsord Link



関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

2012年11月上旬、男児出産。
35歳で産んだので高齢出産です。

胎児ネーム:ダフ、だっちん
赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

旧ブログはこちら。
このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

ブログ村に参加中♪
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
にほんブログ村

カテゴリー

アーカイブ