どうしたら育児がラクになるかの研究実践ブログ

幼稚園の遅いバス利用1年で感じたメリット・デメリット

我が家は幼稚園バスを利用しています。

その園バスが、我が家のバス停に到着する時間は9時50分。
そう、遅バスの1番最後なのです。

ちなみに遅バス1番最初のバス停のお子は9時10分くらい。
我が家のバス停から幼稚園までは3分程度で到着、といったところでしょうか。

そんな遅バス(しかも1番最後のバス停)を利用して1年で感じたメリット・デメリットをまとめてみたいとおもいます。

遅バスのメリット

  • 朝寝坊し放題
  • 9時に目覚めても間に合いますからね。

  • 朝ゆったり過ごせる
  • 時間が有り余っていますからね。

  • 朝は暖かい
  • 特に冬なんですけど、朝が遅いと外が暖かくて良い感じ。

  • 帰ってくる時間が遅い
  • 我が家の場合、帰りは15時30分くらいです。
    降園後の時間のもてあましはないかな、とは思うけれど、我が家はお預かり保育を利用しているので、帰りは私が直接園に迎えに行くため、このメリットはあまり享受できず。

    遅バスのデメリット

  • 時間が余り過ぎ
  • 無駄に家でテレビを見る時間が増えるだけ・・・

  • 子が他のお子と朝に絡む時間が少ない
  • 早いお子は9時頃から幼稚園で活動しています。

  • 時として9時50分まで待てない
  • 私の都合上、バスを待っていたら間に合わない日もある。
    そんな時は9時に直接園まで送って行きます(最近は週1、2)。

  • バス遅延の影響をモロに受ける
  • 遅バス最後のバス停なんでね、大抵遅延します。
    だいたい5分は待つかな。何かあると10時過ぎますorz

  • 小学生になった時の時間のギャップが激しい
  • 小学生は大体、8時20分頃までには教室に入っていますよね(私の時はこれくらいだった)!?
    今の9時50分生活が続いた場合、小学生になった時と生活リズムが違い過ぎて母子ともにツライ・・・

    まとめ

    遅バスは総じてデメリットが多い!

    親的には早バスの1番最後のバス停か、遅バスの1番最初のバス停だと都合が良い気がします。

    子的にはバスに乗っている時間が短く、早く幼稚園に到着するのがいいのかな?とは思うものの、こればかりは「運命」としか言いようがありませんね。

    年長さんになったら、おそらく早ハズの1番最後のバス停で、8時50分頃バスが到着するのでは?と予想しているけれど、年少時と年中時で、我が家はバスルートが大幅に変更されたので、年長時も発表されるまではドキドキです。

    ただ、今よりも遅い時間のバスにはならないと思うので(多分、今のバスルートが1番遅い時間と思われる)、その点だけは安心かな・・・とは思うけれど、小学生に向けて母子ともに早起きの練習をしたいので、是非早バスでお願いします!神様(でも1番最初は嫌よ・・・)!

    Sponsord Link



    関連記事

    コメント

    • トラックバックは利用できません。

    • コメント (0)

    1. この記事へのコメントはありません。

    プロフィール

    2012年11月上旬、男児出産。
    35歳で産んだので高齢出産です。

    胎児ネーム:ダフ、だっちん
    赤子HN:胎児ネームを踏襲して、だっちん

    只今絶賛、慣れない育児に翻弄中。
    ジーナ式のねんトレを2か月半から開始。

    2015年8月30日よりFC2ブログからこちらのブログに移転。
    過去記事で画像がグチャグチャなのはその影響です。
    時間のある時に修正していくことを考えつつあります。
    「FC2」という単語が記事内にあるのはこの余韻です。

    旧ブログはこちら。
    このブログでパスワードを入力しても見られない読者様は、コチラの旧ブログでご覧ください♪
    http://nikoniko42life.blog.fc2.com/

    ブログ村に参加中♪
    にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
    にほんブログ村

    カテゴリー

    アーカイブ